エンジンが搭載された車両には免許制度を採用していることが多くなっていますが、これは馬力がある機器を使って走行するために事故が起きると大きな被害が発生しやすいからです。これは陸上で使われるものだけに限らず、水上を走行する船舶でも同じであり、代表的なのはボートのような小型船舶免許でしょう。ところが現在はボート以外にも小型の水上バイクも免許がなければ乗ることができなくなっていて、利用率の高まりから取得する人が増加しています。水上バイク免許は原付免許と似たような特徴を持っていて、法律で定められている取得年齢に達していれば経験は必要なく試験を受けられます。

水上バイク免許試験は筆記と実技があり、そのどちらも合格点に達していなければ免許は付与されませんが、事前に講習を受ければ一日で取得することも可能です。筆記試験については過去に出題された問題を基本にしていることが多くなっていて、関連する書物も多数が販売されているので購入しやすくなっています。問題になるのは実技ですが、こちらは水上バイクそのものが小型であり、強い動力を持っていないので操縦はそこまで難しくないというのが一般的です。水上バイク免許では複雑な操作を見るのではなく、基本的な走行ができて安全性を保つことができれば問題は無いので、普通自動車よりも簡単になっています。

注意しなければいけないのは水上バイク免許を受けられる試験会場がそこまで多くないことであり、居住地によっては遠方になってしまう可能性があるので、事前に調べてから取得するようにしてください。水上バイク免許のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です