水上バイクに乗るためには免許が必要です。特殊小型船舶免許と呼ばれるこの免許は水上バイクやジェットスキーと呼ばれる乗り物専用の免許になっており、操縦する場合には必ず必要となります。これらの乗り物は一人用もありますが、複数の人が一緒に乗れるタイプも販売されています。そのため、操縦席以外の人は免許なしでも乗車することが出来ます。

水上バイク免許を取得するためには学科試験と実技試験を受ける必要があります。また、身体検査も実施されており、この検査では視覚、聴覚、色覚のチェックが行われます。学科試験では水上バイクを操縦する人が遵守しなければならないルールや海上交通に関する法律などについて学びます。実技試験では実際の水上バイクを使って操縦技術を身につける他、点検方法やロープパークの取得も必要です。

水上バイク免許を取得する場合、一般的には教習所に通って専用のコースを受講します。その教習所が国土交通省指定の施設であれば国家試験は免除となります。そうでない場合は国家試験を受験しなければなりません。試験では実技と学科が行われ、一定の点数をクリアすると合格となります。

水上バイク免許の合格率は90%以上と高いので難易度で言えばそれほど高くないといえます。ですが、不合格になる人がいないわけではありません。不合格になる人の多くが学科試験でつまずいているため、不安な人は事前に学科試験の勉強を始めておくと安心して受験することが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です