小型船舶免許を取得することで小型漁船を操縦したりモーターボートや水上オートバイクに乗ったりすることができます。小型船は総トン数が20トン未満の重さのものを指します。小型の船ですが、河川や海は公共の場なので免許が必要になるわけです。小型船舶免許は平成15年以降から小型船舶操縦士免許が正式名称となりました。

プレジャーボートも一定の要件により小型船舶に含まれます。小型船舶免許は一級小型船舶操縦士、二級小型船舶操縦士、特殊小型船舶操縦士があります。一級小型船舶操縦士は海岸から5海里を越えても無制限で操縦可能です。沿岸区域の外側を80海里以遠の場合は制限がかかります。

二級小型船舶操縦士は5回までの範囲を操縦することが可能です。18歳未満は大きさが5トン未満に制限されます。一部海域も乗れますが、湖や川における航行に制限される免許もあります。特殊小型船舶操縦士は水上バイクを操縦することが可能です。

湖岸や海岸から2海里までの操縦に限定されます。1級、2級、特殊と区分が分かれますが、船舶免許証は1つとなります。小型船舶免許は平成15年6月以前は1級から5級までありました。現在は3区分までに変更されています。

小型船舶免許にはもともと船舶職法と言う船舶を職業とする人向けの法律がありました。しかし大型船と小型船の区分が曖昧であり、趣味やレジャーでの利用による事故などが起きるようになったことが改正の背景となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です