船舶免許は国家資格になるのですが、一般的に国家試験と聞くと難しいイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。船舶免許の学科試験の合格基準は、科目別正解率が50%以上で全問題数に対する正解率が65%以上、実技試験は減点方式で総合で70%以上が合格など、ボーダーラインとしてはそれほど高くないため講習をしっかり受講して勉強を行えばハードルが高い試験ではないといいます。船舶免許は、講習を行っている学校に通って国家試験を目指すやり方と講習を受講して修了試験に合格すると国家試験が免除される学校の2つがあります。試験がパスになる学校は全国にそれほど多くはありませんが、住まいの近くにこのような学校がある場合は免除になる方が断然有利です。

なお、船舶免許試験内容は、身体検査・学科試験・実技試験の3項目で身体検査は視力・聴力・弁色力などが中心です。この身体検査には色々な規定があるので、事前にどのような条件があるのか把握しておくと安心です。学科は、四肢択一のマークシート方式で受験する免許の種類(1級や2級など)で問題の数が異なり、実技試験は操船技術だけでなく出航前の点検・安全確認・人命救助などのような船を航行するために欠かせない知識の総合で採点が行われるなどの特徴を持ちます。実技については講習を通じて運転技術を身に付けることが大切ですが、講習の中で不安があるときなどは対応している講師に申し付けることでしっかり指導してくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です